ランキングバナー
ランキング サイト詳細
第1位
登録無料ですぐ利用できる、男女共に話題のサイトがコチラ!ニューハーフ、ゲイの出会いに特化しています♪
サクラなどを一切使わない、健全サイトとしても有名です☆
第2位
完全無料で使い放題出会い放題の優良サイト!フリーメール登録可能なのでセキュリティー面もバッチリ♪
オールジャンルの出会いに対応しているので、理想の出会いがきっと見つかります☆
第3位
ステキな男性に出会いたい!そんなあなたの願いをかなえるのがコチラ!ガチムチ系からジャニ系まで揃っております☆
検索機能が完備しているので、タイプ別に相手を検索してみましょう!

ニューハーフと出会うツール

自分がニューハーフと気づくきっかけとしては、ふたつ挙げられます。ひとつは、女の子にいまいち夢中になれないということ。もうひとつは、男性のことを好きになってしまったということ。そのふたつは、同時に起こるかもしれません。たとえば、女の子と付き合っている最中に、どうしてもうまくいかず、友人男性に相談するうちに、その人を好きになってしまった。このようなことがきっかけで、自分がニューハーフであると気づく男性も多いようです。また人によっては、男性として男性が好きだったり、女性として男性が好きだったりします。後者の場合は、女装をしてみたり、性転換手術を考えてみたりする方が多いみたいですね。

とにもかくにも、自分が同性愛者だと気づいたとき、そこにはかなりの苦しみがあるはずです。社会的に認められてきているとはいえ、まだまだ偏見や差別は根強く残っていますし、男女の関係とは違って、「好き」と伝えるだけで、好きな人に嫌われてしまうかもしれません。「俺に二度と近づかないでくれ」そんなふうに言われて、悲しい思いをした人もいらっしゃることでしょう。

そのことから、男性と付き合うことを諦めて、女性と向き合っていく道を仕方なく選ぶ男性も大勢います。偏見や差別に負けて、自分に嘘をつきながら生きることを選んでしまうのです。

正直に

でも、自分に嘘をつくのは、よくないことです。考えてもみてください。人生は一度きりなのです。他人にどう思われようと、最後に行き着くは同じ、死という結末です。自分を騙したまま一生を終えるか、正直に生涯をまっとうするか。どちらのほうが、人生は充実しているといえるのでしょうか。私はおそらく、後者だと思います。たとえどんな目に遭おうとも、自分の好きなことをやって、できるかぎりのことを生きているうちにしておくのが正しいのではないかと。

なにも恥ずかしがることはないのです。自分は男が好きなのだ、と胸を張って生きればよろしい。現実とか社会とか、そんなものは関係ありません。それは、あなたの人生なのですから。

困ったときの相談相手としては、女性が最適です。男性を相手にすると、その人があなたと距離をとろうとするかもしれませんし、女性は他者に共感する生き物ですから、好きになってはいけない人を好きになってしまったというあなたに共感して、きっと親身になって話を聞いてくれるはずです。そこで、男性へのアプローチの仕方だとか、喜ばせる方法だとかを訊いてみるのもありです。使えるものはすべて使って、自分の人生をより充実させるために、同性との恋愛に全力を尽くしましょう。

同性愛はいけない?

恋愛は男女がするものだ。それが今の社会の一般的な考え方です。男と女がするから「恋」なのであり、それが常識として広く浸透してしまっているため、偏見じみた考えを社会が改めてくれることはありませんでしょう。そうです。彼らは同性愛者を、仲間はずれにしたり、ときには口汚く罵ったり、とにかく差別的な振る舞いをすることで、自分たちの限定された空間の秩序を保とうとしているのです。理解できないものに対し、人間は恐怖を抱くもの。それとは若干異なるかもしれませんが、自分の価値観だとか、経験的な知識や常識だとか、そういったものの外にある事柄には、人間は非常に冷たいのです。自分の世界が壊されかねませんから。

しかし、同性愛とはいけないことなのでしょうか?すこし考えてみましょう。恋愛とは、どういったものか。それは、恋人という関係を結び、手を繋いで歩いたり、毎日連絡を取り合ったり、時々自分の愛を伝えながら、キスしたり、セックスしたりすることです。片思いや付き合う前の段階の「恋愛」は、ここでは考えないことにします。

さて、次に男と女という生き物について。男女はなんのために存在するのか。それは疑いようもなく、人間という種を保存するためでしょう。セックスをして、子供をつくり、人間が人間を新しく生み出していくために、男と女という性別があるのです。

ここまで考えると、恋愛と、男女の存在理由とに、密接な関わりはないということが明らかになります。どうしてかといえば、男女間で行われるセックスのほとんどが快楽目当てであるからです。コンビニ等で避妊具が平然と売られていたり、堕胎という人殺しの医療が発展をみせたりしたのも、人間が快楽のためのセックスを好む証です。結婚や、子作りの問題が絡めば、話はもうすこし難しくなるかもしれません。しかし、世間一般でいう「恋愛」というものは、種の保存とは無関係のところにある場合がほとんどで、必ずしも男女間で行われるべきことではなく、同性間でなされたときと比較しても、その関係の状況はなにひとつ変わらないのです。

もっと認められるべき

功利主義の始祖、ジェレミー・ベンサムは、「同性愛は誰に対しても実害を与えず、むしろ当事者の間には快楽さえもたらす」として、当時違法であった同性愛を擁護しました。崇高な思考能力を持つ人間は、物事を冷静かつ論理的に見ることができます。

インターネットなどでは、ホモだのゲイだのといった言葉が、相手をからかったり、傷つけたりするために使われています。ですがそれは偏見からくる「言葉の悪用」でしかなく、本来同性愛者は人間という枠組みに生きる私たちと同じ人間であり、馬鹿にされるような存在ではないのです。同性愛者がする恋愛は、男女のするそれと同じ。結婚して、子供をつくることはできないなどという反論はあるでしょうが、普段恋人とセックスすることしか考えていないような人間に言われても、まるで説得力がありませんね。同性愛は、もっと認められるべきです。

Copyright© 2010 clubac.com All Rights Reserved.